当前位置:首页> 日语资讯> 校园动态

苏州干将东路日语培训班_日本人如何看待乒乓男团获银牌

发布时间:2017-10-21  来源:  浏览:661

苏州干将东路日语培训班_日本人如何看待乒乓男团获银牌

初めて決勝に進出した日本が世界ランク1位の中国に1-3で敗れ、この種目で日本初のメダルは銀となった。中国は男女ともに3連覇を果たした。

首次打进男团决赛的日本以1-3不敌中国获得一枚奥运银牌,这是日本在本项目上首次获得的奖牌。中国实现了男女三连冠。


第1試合シングルスで丹羽孝希(21)がシングルス金メダルの馬龍にストレート負け。第2試合ではシングルス銅メダルの水谷隼(27)が、過去12戦全敗だった元世界1位の許キンに3-2で勝ったが、第3試合ダブルスは吉村真晴(23)丹羽組が許キン、張継科組に1-3で敗れた。


首场男单比赛丹羽孝希(21)直接输给了男单冠军马龙。第二局比赛男单铜牌得主水谷隼(27)以3-2打败之前12局完败的原世界排名第一的许昕。第三局双打比赛中,吉村真晴(23)/丹羽以1-3输于张继科/许昕。


追い込まれて迎えた第4試合シングルスは吉村が登場。しかし馬龍に0-3で敗れ、日本の銀メダルが決まった。


紧随而来的第四局单打比赛吉村出场,但以0-3完败马龙,日本队获得银牌。

苏州干将东路日语培训班_日本人如何看待乒乓男团获银牌